2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11





いちねん




爪とぎにとまるように乗っていることがある
P1020636.jpg



けっして やらせ ではありません(笑) 噛んだりして遊んでいたがそのまま寝てしまったようです。
P1020645.jpg



これは・・・「さわってごらんウールだよ」(古っ)
P1020633.jpg



「同じ日に猫の寝顔を眺めてる」 byゆら





むぅしゃんが我が家に来て一年になりました。
去年も今日と同じ暖かな一日でした。


いつもと同じ朝を向かえ・・・なかった人が一人
とうさんが起きてきて


「よっぽど寒かったのか俺の布団に入ってきた」と


とうさんと一緒に寝たらしい
初めてのことだ、祝 初寝?

今年の冬はかあさんよりあったかいとうさんと寝る時間が増えそうだ(笑)






おまけ
むぅしゃんのお腹のぽよぽよ感がわかるだろうか
P1020632.jpg
とてもさわり心地のいいお腹です。
でも最近CMでマツコデラックスを見るたびに顎のお肉の下がり具合と似ていると
思いたくないけど見えてしまうのです




その後の猫探し(笑)


無謀なことにくるさんにトラ松の里親立候補のメールをしました。
しかも、トラ松がくるさん以外の人間にもあまあまなのかわかるまで待つと


しかし数日経つといろいろな考えが頭に浮かんできました。


トラ松の里親募集を正式に募集してないではないか、とか

もしかして里親募集すると言ったけど、もっと時間をかけて愚連隊のみんなと
つき合わせてみようとしていたかも とか

それでダメだったらネットではなく近くで里親を探してみようとしている、とか


くるさんに迷惑をかけているのではないかと里親立候補を一旦辞退するメールをしました。
トラ松を諦めたのではなく、くるさんに時間をかけてトラ松の一番幸せになる道を
探してほしくて、我が家はいつでもOKだけどゆっくりトラ松の今後を考えてほしい
そのようなメールをしたと思います。


くるさんの返事はトラ松の里親になってもらえたら嬉しい、とのことでした。
嬉しいのは我が家です、半分ダメだろうと思っていたので(笑)


話はとんとんと決まりトラ松は新幹線に乗ってやってきたのです。


P1020649.jpg
トラ松のキャリーについていた荷札?
なんとなく捨てられずに取ってあります。


なにはともあれ、猫一匹により幸せがさらに倍率ドンッな家族が誕生したのです。
むぅしゃんも倍率ドンッだと嬉しいな^^



ちなみに

くるさんは背の高いおめめパッチリきれーな、おねーさんです。(笑)

トラ松をひきとり、急いで帰ってきてしまって
なんだかくるさんを置いてけぼりしたようで心苦しかった・・・
ごめんね、くるさん。




と、最後まで書いて保存したのに消えた
この虚脱感をおわかりいただけるだろうか?
[ 2011/10/19 ] | TB(-) | CM(-)